不動産についての情報

住宅の買い時と言われている理由

住宅についての悩みは様々あります。
よく耳にする悩みとしては、賃貸で過ごすか購入するかという観点や、新築が良いのか中古で購入してリノベーションをするのが良いかどちらを選んだほうがお得か、満足かなどの調査結果などの特集を良く目にします。
この問題に関しては人それぞれに悩みは尽きないようです。
それもそのはずで、人生の中での一番大きいとも言える買い物ですのでたくさん迷い、調べて後悔のないようにするべきだと言えます。
来年度から始まる消費増税や住宅ローン減税、過去最低基準と言われている低金利が重なって今は住宅購入の良いタイミングとして徐々に駆け込み需要が増えてきています。
確かにお金周りの環境は今が良いタイミングかもしれませんが、本当に今が買い時であるか立ち止まって考えるべきです。
そもそも、この”今が買い時”の流れに乗って自己資金もないうちに慌てて購入を決断することは危険に溢れています。
そして、この駆け込み需要により手の回らなくなった建築する側による雑な工事の物件も出てくる可能性も念頭に置いておくべきです。
そして、ひとつ日本の大きな課題として忘れてはいけない事があるはずです。
少子高齢化です。
10年後には、働き盛りと言われる年代、つまり住宅購入をするメインの年代の人口が現在よりも大きく減少します。
現在は、時代の良い流れに乗り高層マンションが次々と建築されています。
ところが、それが今後すべて埋まるとは考えにくいわけで10年先には購入者が減り、マンションが余りマンションの価値が下がると考えられます。
その際の事を考えると、”今”だけがマンションの買い時であると断言するのは難しいと判断するべきです。
少なくとも、消費者はマンションや一戸建ての販売の営業の方たちに比べれば無知である事の方が多いです。
故に、今の時代の流れに乗せられて、営業の方の巧みな話術に乗せられて、冷静な判断の出来ぬままリスクを忘れて決断する事のないように消費者一人一人がしっかりと考えて”買い時”はいつなのか判断するべきです。